ラフカディオ・ハーン(ラフカディオ・ヘルン)(小泉八雲)
 
公私混同著者紹介:

岩波文庫

怪談
不思議なことの物語と研究
平井呈一・訳


骨董
平井呈一・訳

『日本怪奇小説傑作集(創元推理文庫)』の第一巻・巻頭の小泉八雲「茶碗の中」を読んで、 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)に興味を持ち、岩波文庫の『怪談』を読み、ハーンの怪談は全て読もうと思った。
それも平井呈一の訳、更に永井荷風監修版で読みたい。そう思った。
しかし現行の岩波文庫版は、訳者は同じく平井呈一氏ながら、訳は新訳らしい。いやそれもとっても面白かった。
ただやはり最初の出会いが平井呈一・訳/永井荷風監修版の「茶碗の中」で、それに衝撃を受けて読み出しただけに、もはやどっちが優れているという話ではなく読んでみたいのである。
今回、長らく絶版ぽくなっていた『骨董』がリクエスト復刊(2007/02/21)された。どうやらこちらは旧訳のままらしい。
これは楽しみ。そしてそれだけに旧版岩波の『怪談』も本格的に探してみようかな。と思った。
でもまぁまずはこの『骨董』をば。

ちなみに『怪談』は"ハーン"。『骨董』は"ヘルン"になっている。紛らわしい。

(2007/03/11 記)