法月綸太郎
 

怪盗グリフィン、絶体絶命

  ニューヨークの怪盗グリフィンに、メトロポリタン美術館(通称メット)が所蔵するゴッホの絵を盗んでほしいという依頼が舞いこんだ。いわれのない盗みはしないというグリフィンに、依頼者はメットにあるのは贋物だと告げる。「あるべきものを、あるべき場所に」が信条のグリフィンがとった大胆不敵な行動とは!!(第一部)
  政府の対外スパイ組織CIA(アメリカ中央情報局)作戦部長の依頼を受けたグリフィンは、極秘オペレーション<フェニックス作戦>を行うべく、カリブ海のボコノン島に向かう。その指令とは、ボコノン共和国のパストラミ将軍が保管している人形を奪取せよというものだったが・・・・・・。(第二部)
(匣より)

かつて子供だったあなたと少年少女のための、、ミステリーランドの作品。
何やら今年(2006年)は、コレと乙一の『銃とチョコレート』がどっちが上か、みたいな話題が出ているそうで、、銃とチョコレートが面白かったので、それではと手を出してみました。
面白かったー。しっかり怪盗してるし、しっかりミステリしてるし。しっかしジュブナイルしているし。
ラストの一騎打ち(?)が良かったです。
難点を言えば、好みの問題ですが、説明過多な気がしますね。
どうでも自分で補完できそうな小さな部分まで突っ込み説明を入れるので、どうにもノリ切れないというか、展開の割りにスピード感が出てきません。特に前半。
まぁでも小さい子供が突っ込みきれないであろう点まで言及されるのは、新しい考え方を知るという意味で、良い事かもしれない。
そう思えば、丁度いい、程加減である。難しすぎないし。無駄に長くも無い。
後は、主人公の怪盗がやられてる感が強いという点でしょうか。タイトルが”絶体絶命”なのだから、そういう意味では見事に成功しています。
でも、怪盗にはもっと抜きん出てる印象が欲しいです。そして、グリフィンの物語には自分から動く姿が見たかったです。
「あるべきものを、あるべき場所に」戻すために、、、
難点ばかり挙げてしまいましたが、それも面白かったからこその感想。
怪盗グリフィンで次作があるとすれば、颯爽と活躍する怪盗冒険ミステリが見たいものです。

(2006/09/14 読了)
(2006/09/17 記)


ノーカット版 密室教室

本書は、法月綸太郎のデビュー作「密室教室」のオリジナル版である。
教室にあるべきはずの48の机と椅子がすべて消え、代わりにコピイされた遺書と級友の死体だけが残されていた。
しかも教室はガムテープで周到に目張りされ、密室と化していたのだ。
――受験校三年の工藤順也は熱狂的な探偵小説の愛好家だ。
自殺か他殺か。彼が動くにつれ事件は昏迷度を深め、ついに彼がたどり着いた苦い真実とは……。
本格ミステリと青春小説の美しくも哀切なキメラ。
(匣より)

講談社BOX版「ノーカット版 密室教室」。発売直後に読んだので、今ちょっと時間が経ちすぎて上手く感想が書けない。
凄く面白かったのは確か。「密室教室」は法月綸太郎のデビュー作ですが、元々賞への応募作で、受賞はしなかったけれど、編集者の目に留まり出版されるに至る。
新人のデビュー作として分量が多すぎるとの判断で、出版の際に大幅に改稿された。
「ノーカット版 密室教室」はその改稿前の作品である。
主人公である工藤順也の性格に馴染むのに少し時間が掛かったが、馴染んでしまえば面白い面白い。
密室教室の謎。二転三転する真相。事件に関わる人たちの人間模様。どれも素敵。
これの何処を削るのだろう? 無印の「密室教室」も読んでみようかしら。

(2006/02/?? 読了)
(2007/03/03 記)