高木彬光
 
公私混同著者紹介:
-

高木彬光コレクション(光文社文庫)

成吉思汗の秘密

▼収録:
「成吉思汗の秘密」
 + あとがき
 + カッパノベルス版のあとがき
 + 成吉思汗余話
 + お忘れですか? モンゴルに渡った義経です
「ロンドン塔の判官」
 - 成吉思汗の秘密と、高木彬光さんと、自分 (島田荘司)
 - 解題――新境地のベッド・デテクティブ (山前譲)

兄・頼朝に追われ、あっけなく非業の死を遂げた、源義経。
一方、成人し、出世するまでの生い立ちは謎に満ちた大陸の英雄・成吉思汗。
病床の神津恭介が、義経=成吉思汗という大胆な仮説を証明するべく、一人二役の大トリックに挑む、歴史推理小説の傑作。
本編にまつわるエッセイの他、短編「ロンドン塔の判官」を併せて収録。
(カバーより)

-

(2006/04/09 読了)
(2006/04/16 記)


刺青殺人事件

▼収録:
「刺青殺人事件」
 + 岩谷選書版の後記より
 + 新稿の序
 + カッパ・ノベルス版のあとがき
 + 探偵小説の作り方
 + 「探偵作家になるまで」より 第三章 占われ記
「闇に開く窓」
 - 天空に描くラビリンス――高木彬光小論 (芦辺拓)
 - 衝撃のデビュー作 (山前譲)

東大医学部のうす暗い標本室に並ぶ、刺青をした胴体(トルソ)。
不気味な色彩で浮かびあがる妖術師「大蛇丸」。
この一枚の人皮から、恐ろしい惨劇が始まった。密室殺人と妖しく耽美な世界に神津恭介が挑む、戦後本格推理小説の礎となった処女長編。
デビューにいたるまでを綴ったエッセイや、最近発見された初期の未発表短編「闇に開く窓」を収録。
(カバーより)

-

(2006/04/14 読了)
(2006/04/16 記)


人形はなぜ殺される

-

(2006/04/18 読了)
(2006/04/16 記)


角川文庫 緑 三三八

死神の座

星の運行が人間生活にまで、影響をおよぼすものだろうか。――軽井沢の一流ホテルで起こったむごたらしい殺人事件! 死体の胸には奇妙な”さそり座”のマークがきざまれ、顔には濃硫酸がかけられて、生前の容貌を想像することもむずかしい残虐な殺し方だ・・・。
ひと夏を軽井沢に招かれた神津恭介は第一日目から惨劇に巻き込まれた。
占星術の<死神の座>の法則を暗示するこの不吉な事件を解く鍵はどこに?
本格推理小説の最高傑作。
(カバーより)

No.08 神津恭介

(2006/10/08 読了)
(2006/11/19 記)


死を開く扉

――何十億という金塊やダイヤが隠匿されているという噂のある福井県小浜に、戦地帰りの奇妙な男がいた。 四次元の世界の幻にとりつかれ、二階の部屋をぶちぬいて何もないところに扉を取りつけた一種の変人だった。 この男が、中から鍵のかかったその部屋で、額を至近距離から撃たれ血に染まって死亡していた。
折りしも、この近くの友人宅に泊まっていた松下研三は、友人の蔵書の表紙の裏に<・・・・・・蛇の呪い、彼にあれ!>という奇妙な文字を目撃、この密室殺人事件のミステリーに巻きこまれた。
天才的な法医学者神津恭介と松下研三のコンビ、異色本格推理小説。

No.15 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


わが一高時代の犯罪

▽収録
「わが一高時代の犯罪」「幽霊の顔」「月世界の女」「性痴」「鼠の贄」

No.18 神津恭介

-

(2006/11/08 読了)
(2006/11/19 記)


死美人劇場

▽収録
「血ぬられた薔薇」「原子病患者」「恐ろしき馬鹿」「魔笛」「盲目の奇蹟」「目撃者」「冥府の使者」「死美人劇場」

No.26 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


影なき女

▽収録
「影なき女」「黄金の刃」「出獄」「天誅」「ヴィナスの棺」「薔薇の刺青」「死せる者よよみがえれ」

No.34 神津恭介

(2006/??/?? 読了)
(2006/11/19 記)


黄金の鍵

No.37 墨野隴人

未読。

(2006/11/19 記)


邪教の神

▽収録 「邪教の神」「私は殺される」「これが法律だ」「輓歌」

No.39 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


大東京四谷怪談

No.53 墨野隴人

未読。

(2006/11/19 記)


呪縛の家

No.55 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


狐の密室

No.56 大前田英策、神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


大予言者の密室
易聖・高島嘉右衛門の生涯

No.57

未読。

(2006/11/19 記)


妖婦の宿

▽収録
「殺人シーン本番」「紫の恐怖」「鏡の部屋」「妖婦の宿」

No.58 神津恭介

(2006/??/?? 読了)
(2006/11/19 記)


白魔の歌

No.62 神津恭介

(2006/11/?? 読了)
(2006/11/19 記)


火車の死者

No.63 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


悪魔の嘲笑

No.64 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


魔弾の射手

No.65 神津恭介

(2006/??/?? 読了)
(2006/11/19 記)


二十三歳の赤ん坊

▽収録
「幽霊復活」「暗黒街の鬼」「猿を飼う家」「死の色のヌード」「二十三歳の赤ん坊」「妖異大土教」

No.67 大前田英策

未読。

(2006/11/19 記)


白雪姫

▽収録
「小指のない魔女」「女の手」「蛇性の女」「嘘つき娘」「加害妄想狂」「眠れる美女」「白雪姫」

No.69 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


恋は魔術師

▽収録
「殺しますわよ」「恋は魔術師」「人を呪わば」「魔炎」「着衣の裸像」「七つの顔を持つ女」

No.70 大前田英策

未読。

(2006/11/19 記)


幽霊西へ行く

▽収録
「大鴉」「幽霊西へ行く」「公使館の幽霊」「五つの連作―犯人当て小説―」「クレタ島の花嫁―贋作ヴァン・ダイン―」「第三の解答」「五つの連作解答編」

No.71

未読。

(2006/11/19 記)


妖術師

「奇妙なお土産」「四月馬鹿の殺人」「一匹の蟻」「犯罪の環」「脱獄死刑囚」「火の雨ぞ降る」「食人金属」「妖術師」「廃屋」「氷の花」「薔薇の妖精」

No.73

未読。

(2006/11/19 記)


古代天皇の秘密

No.74 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


首を買う女

▽収録
「青髭の妻」「恐ろしき毒」「首を買う女」「鎖」「湖上に散りぬ」「モデル殺人事件」「棋神の敗れた日」

No.76 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)


白妖鬼

No.79 神津恭介

未読。

(2006/11/19 記)