トマス・ハリス
 
公私混同著者紹介:

新潮文庫
レッド・ドラゴン 上下

-

(200?/??/?? 読了)
(2007/04/01 記)


羊たちの沈黙

-

(200?/??/?? 読了)
(2007/04/01 記)


ハンニバル 上下

-

(200?/??/?? 読了)
(2007/04/01 記)




ハンニバル・ライジング 上下

発売予定を見てビックリ。
前作から7年振りだそうな。いつの間に7年!?
しかし思い出すに計算が合う。
確か、『羊たちの沈黙』から『ハンニバル』が出るまで11年。
レクター3部作の3冊目という触れ込みの前作を心待ちにして、発売されて読んで、次はまた忘れた頃だろうと思っていたが、、
うーむ。本当に忘れてたが、7年も忘れてるつもりは無かった。時の流れ恐るべし。
ただ今回はレクター博士の過去とあり、、、前作ちょっぴり出たあのエピソードは痛すぎるため、ちょっと躊躇い気味。。
何を今更。覚悟を決めろ。ということで近日中に読み始めましょう。(2007/04/01)

ハンニバル・レクターが”怪物”になるまでを描いた話。
叔母の紫婦人のお陰でやたら日本風味に。しかし、これ英語でどう書いてあったのでしょうね?
ラストの事実は衝撃的だったのでしょうが、、、別に読めてたワケじゃないのですけど、さほど、、「成る程。」と思っただけでした。
無意識にはそうだろうな、と思っていたのでしょう。複線ありましたし。
微妙に甘い感じが少年期してて上手いと思った。
次はなんでしょうか? 個人的に逮捕される時のエピソードが読みたいです。
ライジングからレッドドラゴンに繋がる話。
次は、、、何年後でしょうかね。

(2007/04/06 読了)
(2007/04/01 記)
(2007/04/15 追記)