山沢春雄
 
公私混同著者紹介:

日本評論社(日下三蔵セレクション)
離れた家
山沢春雄傑作集

Part 1 砧順之介の事件簿
 砧最初の事件
 銀知恵の輪
 死の黙劇
 金知恵の輪
Part 2 扉の向こう側
 扉
 神技
 厄日
 罠
 宗歩忌
 時計
Part 3 離れた家
 離れた家

この本を読む前にちょうど濃い人間描写をする小説を読んでいたので、この推理一本やりな感じがスッキリしていて楽しく読めました。
砧モノの短篇、「宗歩忌」「時計」あたりが好きです。
注目の「離れた家」は、そこまでやるか、って程でも無かったです。この本を読む限り「難解」でもないと思う。
文章に、味というか毒というかは無い(というか省かれている?)ので、印象には残りにくいかも知れません。
下手な人間描写(異様に平均的な人間を更に平均的に強調するような描写)も無いので、逆にスガスガしい。
まだまだ作品があるようなので、またまとめて出して欲しいです。