商いは牛の涎 あきないはうしのよだれ

ウシの涎は長くて細い。
 ↓
商売は、細く長く途切れなく、気長に辛抱強く続けるのがコツ。

参考:牛の涎は百里続く。


朝酒は牛を売ってでも飲め あさざけはうしをうってでものめ

ウシは農家にとって、非常に大切な家畜。その大切な家畜を売るほどの価値が、朝酒にはある。酒飲みが自分の行為を正当化していう言葉(?)

異表現:朝酒は門田を売っても飲め。朝酒は女房を質に置いても飲め。


暴れ牛に赤布 あばれうしにあかぬの

手のつけようがない大騒ぎになること。

類語:蜂の巣に鎌


牛に経文 うしにきょうもん

ウシにありがたい経文を聞かせてやっても、理解できない。
 ↓
その1:価値のわからない者に、価値あるものを与えてもムダ。
その2:我の強い人間に、善意から忠告しても聞く耳を持たない。言うだけ無駄。

異表現:牛に説法。牛に対して琴を弾ず。
類語:猫に小判犬に論語兎に祭文豚に真珠馬の耳に念仏


牛の一散 うしのいっさん

普段はのんびりしている牛でも、時には一目散に走り出すことがある。が、しくじりやすい。
 ↓
思慮の浅い者が、前後のことも考えず勇み足をふむこと。


牛の小便十八町 うしのしょうべんじゅうはっちょう

ただひたすら長いこと。「町」は長さの単位。
 ↓
長いだけで、無意味。


牛の小便と親の意見は長くとも効かぬ うしのしょうべんとおやのいけんはながくともきかぬ

牛の小便は非常に長い。子供に長時間説教してもムダ。むしろ逆効果。


牛の鞦と諺は外れそうで外れぬ うしのしりがいとことわざははずれそうではずれぬ

「鞦」は、牛馬の尻にかけ、車などに固定するヒモ。一見、ユルくつけてあるので、外れそうだが、そう簡単には外れない。ことわざも、いい加減に見えるが、結構真理をついているのである。

異表現:牛の鞦外れなし。
類語:譬えに嘘なし、坊主に毛なし。


牛の角を蜂が刺す うしのつのをはちがさす

牛は角を蜂に刺されても、何も感じない。
 ↓
何を言われても、何をされても、まったく動じないこと。

異表現:鹿の角に蜂
類語:蛙の面に水


牛の涎は百里続く うしのよだれはひゃくりつづく

ウシの涎は、細く長く絶え間が無い。百里は、非常に長い距離を表す。
 ↓
細く長く続いている物事のたとえ。


牛は牛連れ うしはうしづれ

その1:似たもの同士は集まりやすい。
その2:価値観が似ている者同士だと、物事がうまくゆく。
その3:似たもの夫婦。

参考:牛は牛連れ。類は友を呼ぶ。鳩は鳩と、鷹は鷹と(イラン・パキスタン) 鳥は同じ種類の鳥と暮らす(トルコ) 烏は烏の脇にとまる(チェコ) 鯉は鯉を呼び、鼈は鼈を呼ぶ(中国)


馬と牛は宵に飼え うしとうまはよいにかえ

馬も牛も、夜は栄養のあるものを与えて、ゆっくり休ませてやることが大切。


馬を牛に乗り換える うまをうしにのりかえる

せっかく足の早いウマに乗っていたのに、動作の鈍いウシに乗り換えること。
 ↓
良いものを捨て、悪いものに替えること。


運がよけりゃ牛の糞も味噌になる うんがよけりゃうしのくそもみそになる

その1:運の良い時には、マイナスもプラスになってしまう。
その2:幸運は滅多にない。

参考:運の良い奴はナイル河に投げ込まれても魚をくわえて浮かび上がる(エジプト)/運の良い者には雄鶏まで卵を産む(ギリシャ)/神が愛する者には飼犬から仔豚が生まれる(イギリス・スペイン)


牛飲馬食 ぎゅういんばしょく

牛も馬も大食漢。
 ↓
大量に飲み食いすること。

異表現:鯨飲馬食


九牛の一毛 きゅうぎゅうのいちもう

九頭のウシの中の、たった一本の毛。
 ↓
大多数の中のごく一部。

異表現:九牛が一毛。


牛糞を踏むと背が伸びない ぎゅうふんをふむとせがのびない

日本の俗信。

参考:馬糞を踏むと背が伸びる。


牛歩 ぎゅうほ

非常にゆっくりしていること。

異表現:牛の歩み。


暗がりから牛 くらがりからうし

物の区別がハッキリせず、動作が鈍いことのたとえ。


鶏口牛後 けいこぎゅうご

大きな集団でどん底にいるより、小さな集団でもトップに立つ方が良い。

異表現:鶏口となるも牛後となるなかれ。
類語:ライオンの尻尾になるよりネズミの頭がマシ。


食べてすぐ横になると牛になる たべてすぐよこになるとうしになる

日本の俗信。
その1:食べてすぐに寝そべるのは行儀が悪いので、それを戒めた言葉であるという解釈が一般的。
     ウシは動作が鈍いため、怠け者のイメージ。
その2:食後すぐに横になって体を休めることは、食べ物の消化に良い。
     食休みをしっかり取って、ウシのように大きく立派に成長せよ、という意味。


卵を盗む者は牛も盗む たまごをぬすむものはうしもぬすむ
He that will steal an egg will steal an ox.

小さな物を盗んで誰にも非難されなかった者は、気を良くして高価な物も盗むようになる。

類語:針盗る者は車盗る。


黙り牛が人を突く だまりうしがひとをつく

その1:普段大人しい者でも、やる時はやる。
その2:普段動かない者の方が、いざ行動した時には思いがけない成果をあげる。

類語:黙り猫が鼠捕る黙り虫壁を通す。黙り者の屁は臭い。


角を矯めて牛を殺す つのをためてうしをころす

ウシの角が曲がっているのが気に入らないので角をまっすぐにしようとしたら、ウシが死んでしまった。
 ↓
細かい事にこだわり、肝心なものをダメにしてしまうこと。

異表現:角を直して牛を殺す。角直って牛が死ぬ。角を直すとて牛を殺す。角を伐って牛を殺す。


寝た牛に芥かける ねたうしにあくたかける

何の関わりもない者に無実の罪を着せること。

異表現:臥せる牛に芥。


羊をもって牛を易う ひつじをもってうしをかう

羊を牛の代わりにする。
 ↓
小さなもので、大きなものの代用とする。


雌牛に腹突かれる めうしにはらつかれる

雌ウシはおとなしく、角も曲がっているので人を突くことはほとんどない。そう思って油断していたら、突かれてしまった。
 ↓
油断大敵。


戻る